730点という壁を突破するために

TOEIC730点というラインは海外出張が許されたり、一流企業へ入るための最低ラインだったりと「本当に英語ができる」人かどうかをはかるラインでしょう。東大生・京大生がTOEIC対策なしで受験して600~700点ですので、730点という壁が比較的高いということがお分かりになるかと思います。

TOEICの点数を上げるにはどうすればよいのでしょうか?社会人・学生問わず、英語を指導してきましたが、日本人は文法力を上げる勉強が比較的得意です。そして、TOEICにはTOEICに特化した対策も必要だと思います。

様々なTOEIC勉強のための教材が出ていますが、正直「新公式問題集」に勝るものは出ていません。他の問題集は確かにTOEICに形は似ていますが、やはりニセモノだと思います。完全な対策にはなっていません。それらを大量に解くよりは「新公式問題集」をしっかりと解いた方が速いですよ。何度も何度も解いて、どこに何が書いてあるかまで覚えてしまうくらいやり込んで下さい。びっくりするほど実力がついてきますよ。

また、730点を超えようと思った場合には、英文法の知識に抜けがあってはいけません。大学受験用ですが、とても良い文法参考書「Forest」を揃えておきましょう。英文法について、ほぼ完璧に載っている教材であり、これ一冊で十分TOEIC文法対策が可能です。文法的に分からないことは「Forest」を見て確認しておきましょう。


TOEIC対策としてはやはり一番効果的なのは問題集をやることと明言。しかも重要なのは、ただのTOEIC問題集ではなく、「公式問題集」であることがポイントであると言っています。似たような問題ではなく、本当の問題が解くことが対策として重要ということなのですね。

それと英文法の学習ではForest(フォレスト)を勧めています。この参考書は初心者から上級者まで、それぞれのレベルの英語学習者に対して、それぞれのレベルなりの気付きを与えてくれる英語学習参考書だと言えます。