AFN(旧FEN)ラジオ放送を聞く

初めてTOEICを受けた時には、聴く英語の分からなさに愕然としました。それなりに模擬試験とか勉強とかをしてはいったのですが、20歳大学生で450点ほどしか取れませんでした。解答集を見ると、話されている英語はとても簡単で、読めばすぐ分かる英語なのに、ちっとも分からない。

2回目のTOEICに向けて、私は徹底的に耳を鍛えることにしました。といっても、お金があまりなかったのと、当時はインターネットも無かったので、手持ちの洋楽のCDを活用することにしました。歌詞を聴き取るんです。

とにかく聴いて書いて歌詞カードを見て、また聴いて書いてを繰り返して、ひとつの曲がちゃんとその言葉で聞こえるようになったら次の曲へ。そうやって30曲くらいを聞き書きしていると、だんだんよく出て来る言葉が聞き取れるようになってきました。

今でいえば「Let it go」は知らなければ「レリゴー」にしか聞こえない、それが「Let it go」だと分かるようになってくるのです。言葉には、決まり文句がたくさんあります。それをたくさん耳で覚えてしまうのです。

あとは、耳を慣らすこと。そのために、FENをずっとつけっぱなしにしていました。スピードは速いですが、聴き取れなくてもOK。流しておくだけ。こうやって半年間を過ごしたところ、文法や語彙の勉強はしませんでしたが、580点になりました。プラス130点分はほとんどがリスニングです!